牡丹

別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数の呼び名があります。

牡丹の原産地は中国です。元々は薬用として利用されていたようですが、時が経つにつれ牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好されるようになりました。

日本では着物を始め、陶磁器や漆器、家具などの文様に描かれています。雛人形の調度にも牡丹をあしらった道具が並ぶことが多く、想像上の霊獣である「唐獅子」と組み合わせた「牡丹唐獅子」の意匠も好まれ、多く工芸や刺青などの題材に使われてます。

今回は牡丹と兎を描きました🐰

今日のお師匠

新規のお客様の施術を見学させていただきました!

線の引っ張り方やお客様の体制、位置は彫る上でどんな風にしたら施術しやすいかを学びました。見学させていただきありがとうございます!

投稿者について

新潟県長岡市のsilkneedletattooで見習いとして勉強をさせてもらっています。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です